サイトマップお問い合わせHOME
当医院について
診療のご案内
院内風景
痛くない麻酔・無痛麻酔
アンチエイジング(お口の健康のために)
虫歯について知ろう!
ドックスベストセメント
院長ワールド(鉄道模型とドールハウス)
きたじま歯科医院
086-944-8099
拡大図

アクセスマップ

JR赤穂線西大寺駅から
徒歩5分
西大寺バスターミナルより
徒歩5分

診療のご案内

感染症

T) 感染症(虫歯・歯周病)

虫歯、歯周病は生活習慣病です。 つまり他の生活習慣病と同様、食生活などの生活習慣の改善によって予防できる疾患です。


【目次】

虫歯

歯周病


<虫歯>

虫歯

虫歯とは、細菌(ミュータンス菌、ラクトバチラス菌、等、)が歯の表面に付着し、ショ糖を含む飲食物から栄養を摂取し、 それで酸を産生し、その酸によって歯のなかに含まれるカルシュウムを溶かし、歯に穴をあけていく事です。

治療

歯の中の感染した部分を取り除き、その穴を変わりの物で充め、歯としての機能を回復します。

■小さい虫歯

虫歯

治療内容

麻酔必要なし → MI → CR充填

ウ蝕除去

 

レジン充填
光照射

 

研磨

※MI:最小限に歯を削る方法
※CR充填:白いプラスチックの様な物を埋める方法

■大きい虫歯

大きい虫歯

治療内容

必要に応じて麻酔が必要です → CR充填 又は 補綴治療

ウ蝕除去

 

形成拡大
印象

 

CKセット
すり合せ研磨

治療放置

■歯髄炎

歯髄炎

治療内容

歯の神経をとる(抜髄)→ 根の治療 → 補綴治療

天蓋除去

 

根管治療
(数回)

 

根管内
ポイント充填

コア(土台)
形成

 

コア(土台)
セット

 

FCK形成
印象

       

FCKセット

       

■根尖性歯周炎

根尖性歯周炎

治療内容

根の治療 → 補綴治療

歯冠部
ウ蝕部除去

 

根管拡大
根管ウ蝕部除去

 

根尖歯周組織の治療

根管内
ポイント充填

 

コア(土台)
形成

 

コア(土台)
セット

   

FCK形成
印象

 

FCKセット

   

※根尖性歯周炎とは、歯の根管内部が感染し、 そこから歯の周りの歯周組織に炎症が広がったもの。

治療放置

抜歯

種類

≪CK≫

≪全部鋳造冠(FCK)≫

CK 冠(クラウン)

≪前装鋳造冠(表)≫

≪前装鋳造冠(裏)≫

全部鋳造冠(FCK) 前装鋳造冠

■金属について

CK、FCK、前装鋳造冠に使われている金属。
通常、保険適用の銀歯(永久歯)は12%Au(金) −Pd(パラジウム)の合金を使用します。

特徴

利点

● 保険適用
● 丈夫
● 変色しにくい

欠点

● 金属色で審美的に問題
  (前歯の冠はFCKで無く、 前装鋳造冠で白いプラスチックが貼られます。)
● 金属の硬さが歯よりも硬く、 対合のかみ合う歯が磨耗しやすい。
● 金属の延性が少ないため銀歯と歯の境目に 段差が出来やすく、2次カリエス(虫歯)
  になりやすい。
● 金属アレルギーの方には使用しない方が良いでしょう。
● 時に金属が歯肉に溶け出し(腐食)歯肉が黒く変色する。

保険適用の場合、全部鋳造冠は奥歯、前装鋳造冠は前歯に適用されます。

■MI

MIとはMinimal Intervention の略で、 翻訳すると最小限の侵襲という意味です。

従来の虫歯治療は銀歯をつめていました。そのためには銀歯が外れないように余分に虫歯でないところまで削って治療したり、アマルガム(水銀と金属の合金)を充填していました。

MIとは、つまり虫歯の悪い部分のみを丁寧に取り去り、可能な限り歯を残しコンポジットレジン(白いプラスチック)で隙間無く充填します。

MI治療は比較的小さな虫歯に行います。MI専用の小さな切削バーで小さな虫歯を最小限の切削量で取り去り、その後スプーンのような手用切削器具にて細かい虫歯を丁寧に除去し治療しますので、麻酔を使わなくともほとんど痛みはありません。またそのあとは、CRにて充填しますので、銀歯のように審美的に問題もなく、アレルギーの心配もほとんどありません。また、アマルガムのような水銀などを使用していませんので、体に害を与えるものでもありません。

ご自分の歯をなるべく削らない事は、歯のため、口腔のため、ひいては全身の健康につながります。

最善の方法は、虫歯にならない事が一番です。ご自分のためにも早めの治療、定期健診をおすすめします。

■CR(コンポジット レジン)充填

合成樹脂と微細なセラミックの粉でできたハイテクな歯科材料で専用のレジン接着材を塗ってCRを直接歯に詰め、 特殊な光で固める方法で、ここ数年、特にレジン接着材が進歩し、注目されています。

■金属のインレー充填との比較

  1. CR充填は歯を削る量が少ない。
    金属インレーは、とれにくいように歯を大きく多少深く削り接着面を拡げてセメントにてセットするのに対し、 CR充填は細菌に汚染されている面だけを削除するだけで直接充填するので歯の削除量は少なくてすみます。

  2. 削った歯の部分をコーティングするため治療後の二次う蝕になりにくい。
    CR充填を行うところにレジン専用の接着剤を塗りますがそれは歯の表層をわずかに溶かしその部分にしみこみ樹脂含浸層をつくります(約0,5ミクロン)。
    これは、歯にしみこんだ液がかたまり硬質な層を作り、一層のコーティング層となって人工のエナメル質層のような働きをしてくれます。

  3. 審美的によい。
    歯と同じ色で治す事でき、多少なら歯の形も変える事ができます。

  4. 修理や再治療が可能
    ここ十数年の間でCRの物性や耐久性がのび丈夫で長持ちするようになりましたが、時間や、患者さんの生活習慣などで CRが消耗したり汚れたり欠けたりはします。
    そのような、着色したり欠けた場合は、気になる部分だけを削り、その上に充填して終わりなので、全部削りとる必要がなく、 歯にかかる負担も最小限ですみます。

  5. 1回の治療で終わる
    金属インレーを作るための歯の型を取る必要がなく、歯を削ると同時にCRを充填しますので、 複雑な形態の場合は多少時間がかかりますが、1回の治療で終わります。

いろいろメリットを記載しましたが、精密な処置が多い分症例や特殊な材料を必要な場合は、自費診療となる場合がございます。

ゴールドFCK、前装鋳造冠(奥歯)、ハイブリッドセラミックス、メタルボンド、ジルコニアオールセラミックスは、保険外治療となります。

■歯髄炎と根尖性歯周炎の違い

歯髄炎は、虫歯などの刺激により歯の中の神経が刺激され、歯が痛くなったり、冷水痛がでてくる症状で歯の中の神経や血管が炎症、充血を起こしている状態です。

治療方法は、出来るだけ神経をとらない治療を行いますが、もし神経を残しても、その後、機能的に障害が出てくる場合や、虫歯が大きく、健康保険の制約上やむを得ないときは、麻酔を行い、歯の中の神経(歯髄)を取り除きます。

神経を取り除いたところをファイル(針のような物)で、細かい神経や血管を除去し、洗浄を行い最終的には、樹脂で根幹(神経などが在った所)を詰めます。その後補綴治療に入りますが、この間は数回の治療回数で終了になります。

根尖性歯周炎は、大きくなりすぎてしまった虫歯や、何らかの影響で歯の中の神経が死んでしまい、根管内が、細菌で感染している場合や、昔、歯髄炎により神経を除去した治療後に詰めていた樹脂が腐食し、これらの感染状態が、歯の根尖から歯の根の周囲の歯周組織にまで炎症が波及した状態です。
病状の多くの場合、無症状で進行していますが、時に、歯の付け根が腫れたり、押すと違和感や痛みがあったり、温水痛がある場合もあります。

治療方法は、歯髄炎と同様な治療を行いますが、(歯に穴を開けてファイルを歯の中に何度も入れている。)行っている目的が異なります。

歯髄炎の場合は、歯の神経をきれいに取り去るのが目的ですが、根尖性歯周炎では、細菌に侵されている樹脂や根管内の腐食物を除去します。この治療には歯の状況により数回から数十回かかり、根尖病巣の治療も加えると、時に半年以上かかる事もあります。治療後は歯髄炎の治療と同様に根管に樹脂を詰めて終了し、補綴治療にはいります。


↑ 目次へ

<歯周病>

成人の80%は歯周病にかかっています。

こんな症状ありませんか?

歯周病

  • 起床時口が粘つく。
  • 口臭がある。
  • 歯ぐきが腫れている。又は浮いた感じがする。
  • 水を飲むと歯がしみる。
  • 歯が長くなった感じがする。
  • 食べ物が歯によくはさまる。
  • 硬いものが噛めなくなった。
  • 歯が動く。歯ぐきを押すと膿がでる。
  • ブラッシング時出血する。

このような症状があれば、歯周病かもしれません。

中高年で歯を失う原因は、ほとんどが歯周病です。

歯周病は歯の周りの歯周組織が外的刺激によって破壊され歯と歯肉の間の結合組織を破壊し歯周ポケットを形成します。 その歯周ポケットが徐々に深くなると同時に歯を支えている周辺の骨も溶かしていきます。 通常は、慢性的(痛みは感じないため)に進行してき、自覚した時はかなり進行していてサイレントキラーと言われるゆえんです。 時に急性化(痛みを感じる)し、浮いた感じがしたり、腫れたりします。 進行して行くと、歯は、だんだんと動揺し、最後は、抜けおちてしまいます。

1)健康歯肉 2)歯肉炎 3)軽度歯周炎

1)健康歯肉

2)歯肉炎

3)軽度歯周炎

4)中度歯肉炎 5)重度歯肉炎 6)抜け落ちる

4)中度歯肉炎

5)重度歯肉炎

6)抜け落ちる

現代社会において歯周病にかかっている方が30歳以上で80パーセント、45歳から54歳の間では88%、10人のうち実に9人の方が歯周病になっているのです。 また最近の傾向として中高生も歯周病が増加の傾向にあります。

大半の方はブラッシングをおこなっていますが、なぜこれだけの方が歯周病に掛かっているのでしょうか?

プラーク中の細菌によって口腔内の歯周組織に生じる炎症性破壊性疾患と思われている方が多いはずですが、それは歯周病の分類の中の歯周炎や歯肉膿瘍といわれるもので、歯周病のなかの1つの疾患にしかなりません。歯周病の定義は歯周組織におこるすべての疾患をさし、歯周炎や膿瘍のほかに薬や遺伝などでおこる歯肉病変、誤ったブラッシングや辺縁歯肉の炎症で起こる歯肉退縮、異常な咬合力から起こる咬合性外傷も歯周病のひとつです。

最近、テレビコマーシャルではブラッシングで歯石などが簡単に落ちるとうたってきてますが、 組織学、細菌学的には、歯周ポケットから、除去することは歯科医院にて専用の機械にて除去しないと難しいです。

歯周病になると、溶けた骨は基には戻りませんが、進行を止めることはできます。 そのためには、歯周病を理解し、プラークコントロールをきちっと行いメインテナンスも行いましょう。

歯周病が体におよぼす影響

歯周病は生活習慣病として位置づけられ、喫煙、ストレス、食習慣や、糖尿病、動脈硬化症などの全身疾患との関連性も言われてきています。また女性の方はホルモンとの関係で思春期や更年期には悪くなるといわれています。

ゆえに、我々歯科医師の治療による口腔環境改善だけでは効果が得られないこともあることは明らかで、患者さん個人の生活習慣改善、自助努力、さらには医療連携も視野に入れなければ歯周病治療の成功はありえないといってもいいでしょう。

歯周病が怖いのは、口腔内の炎症だけに限定せず、歯の周りに増えた何億もの細菌が、炎症を起こす物質を生み出すところにあります。

これらの物質あるいは、一部の細菌は、歯肉の上皮組織の断裂を引き起こし容易に血管に進入します。 その細菌が血流にのり、全身にまわって各臓器に定着すると何らかの全身疾患が引き起こされる場合があります。

健康な方では、免疫機構により問題ありませんが、何らかの疾患を持っている方や、 高齢者の方で細菌に対する抵抗力が弱く細菌を排除出来ない場合は、定着する場合があり、今以上の重篤な疾患になる場合もあります。

炎症性細菌は、血小板凝集機能を持っており、凝集した血小板がはがれ、血流に乗り血栓を引き起こし、動脈の梗塞を引き起こす場合もあります。 また歯周炎から産出された炎症性サイトカインは、動脈内膜に進入し、血管内皮細胞を傷害し動脈硬化をひきおこし、 それが体の病気に関わることがあきらかになっています。

まず、病気から体をまもるためは歯の周りの細菌を除くこと。=プラークコントロールが重要になります。 つまり、プラークコントロールは、お口の健康を守るとともに、体の器官をまもり、全身の健康を生み出すことにもなります。

口腔は、消火器系、呼吸系の入り口です。口の中は、自然の細菌倍容器(湿度、温度、栄養)です。 培養して細菌が増殖するだけならまだよいのですが、そこに炎症反応もおこります。

最近、胃潰瘍の原因と言われるピロリ菌が歯周ポケットで見つかりました。 また、糖尿病と歯周病の因果関係は明らかになってきました。

その他口腔内の細菌が直接、または間接的に関与するとされている疾患は、 肺炎、敗血漿、心内膜炎、腎炎、リュウマチ関節炎、骨粗しょう症、虚血性心疾患、 歯の喪失による痴呆症の誘発、バージャー病(閉塞性血栓血管炎)、妊娠トラブル、等々多種多様におよびます。

心内膜炎で亡くなった患者さんの心内膜を培養すると、原因菌の約4割が口腔細菌であったという報告もあります。

また、糖尿病で血糖コントロールがよくないと、感染に対する抵抗力が低下し、口腔内細菌が増殖し歯周病を増悪させます。 一方、歯周病の炎症反応で生じたさまざまな物質や毒素が、血管中に進入し、インスリンの機能を障害し糖尿病を増悪させたりもします。

歯周病は手のひらに5cm四方の潰瘍があるのと同じと言われています。 これは、いかに全身に影響を与える可能性が高いか、わかると思います。

たかが、歯周病とかんがえず、口腔の健康は、全身の健康につながることを理解しましょう。 また、高齢になればなるほどプラークコントロールは難しくなります。 免疫機構も低下し、重篤な疾患にもかかりやすくなり、寝たきりの状態を引き起こしたりします。 出来るだけ今からプラークコントロールの習慣をつけることが、これらの疾患の予防につながります。

外傷性咬合

現代社会において歯周病にかかっている方が30歳以上で80パーセント45歳から54歳の間では、88%、 10人のうちじつに9人の方が歯周病になっているのです。また最近の傾向として中高生も歯周病が増加の傾向にあります。
大半の方はブラッシングをおこなっていますが、なぜこれだけの方が歯周病に掛かっているのでしょうか?

歯周病は、プラーク中の細菌によって口腔内の歯周組織に生じる炎症性破壊性疾患と思われている方が多いと思いますが、 それは歯周病の分類の中の歯周炎や歯肉膿瘍といわれるもので、歯周炎と言われる歯周病のなかの1つの疾患です。

日本歯周病学会による歯周病の定義は、歯周組織におこるすべての疾患をさし、歯周炎や膿瘍のほかに薬や遺伝などでおこる歯肉病変、 誤ったブラッシングや辺縁歯肉の炎症で起こる歯肉退縮、異常な咬合力から起こる咬合性外傷も歯周病のひとつです。

外傷性咬合 ゆえに、歯周病は、歯周病の治療による口腔環境改善だけでは効果が得られないこともあることは明らかで、 患者さん個人の生活習慣改善、自助努力、さらには全身疾患ある方は、医療連携も視野に入れて歯周病治療を行わないといけません。

また歯周病の一つの因子として外傷性咬合があります。それはストレスなどからくる食いしばりによって歯周組織が押しつぶされ 血行障害が起こり歯周病を引き起こす原因です。歯周病の治療をおこなっても、また歯の神経をとる治療をおこなっても痛みが 取れないでこまっている方は、この外傷性咬合からくる歯周病の痛みかもしれません。

最近はかなりの方が咬合性外傷をもっているのではないかと考えています。
咬合性外傷を引き起こす咬合を外傷性咬合と呼びその原因は歯列不正、早期摂食、咬合干渉、ブラキシズムなどによって引き起こされます。

ブラキシズムとは咀嚼筋群の異常な緊張により歯軋り、食いしばり、カチカチと咬み合わせるタッピングの習癖のことで、通常の咬む力より、 より強い咬合力が加わるために歯周組織を破壊する原因となっています。
つまり釘を木から抜くとき横に力を掛けながら抜くそれとおなじ状態です。

ほっぺたの中心あたりに奥歯辺りから前に掛けて線、しかも白い線がはいっていたり舌の側縁が少しでも凸凹していたら食いしばりの徴高だし、 前歯の先が平面だったり欠けたような感じであれば歯軋りがあると疑れます。

歯軋りは音が出る方よりも音が出ない方のほうが多いのです。

特に歯周炎にブラキシズムによる咬合性外傷が合併すると病変は急速に進行し短時間で重度の歯周病に発展する場合が多く、 また歯周病以外に肩こり、頭痛、顔面のゆがみ、顎関節症などをひきおこします。

外傷性咬合歯周病の基本的治療はもとよりですが、これに加えてブラキシズムの原因と考えられる局所因子と全身因子を取り除くことも必要です。

ストレスは、自律神経の交換神経と副交感神経の不調和からきます。
副交感神経が高いとうつ病に。交感神経が高いとストレスになると言われます。
ご自分にあったストレス解消法を見つけましょう。

当院の外傷性咬合の治療

  • かみあわせ治療
  • プラセンタ治療

※ プラセンタは自律神経の不調和を安定させる作用があります。

喫煙と歯周病の関係

喫煙と歯周病の関係

喫煙者は、非喫煙者とくらべ、歯周病にかかりやすく、進行も早く、治療しても治りにくい傾向にあります。

たばこに含まれるニコチンは歯肉(歯肉とは言わず体全体)への血流を悪くし、酸素や栄養を十分に行渡らせません。 また細菌を食べてくれる白血球や食細胞も患部に十分に行渡らなく、免疫力が弱まり、炎症が進行します。 また、たばこは唾液の分泌を抑制し、歯に歯垢や歯石が付きやすいため、歯周炎の進行をより加速させます。

喫煙と歯周病の関係

たばこの本数が多い人ほど重症化し、歯の喪失も早いです。 また、喫煙者は、非喫煙者と比べ、当然ながら、肺の呼吸機能が急速に低下し、寿命も短い(約7.5年)といわれています。 喫煙者は、いくらきれいに歯をみがき、医院に通って痛い思いをして歯周外科処置などを行っても良くならないことが多いです。 まず禁煙することをおすすめします。

治療

1) 歯肉の炎症症状をとめる(排膿、出血、浸出液)

スケーリング、ルートプレーニング(歯石取り)
二剤併用療法(抗生物質、真菌剤) ※
高周波治療

2) 歯肉の血行促進を行い再感染と、再発をおさえる。

PTC
プラークコントロール

3) 動揺歯も安定をはかる。

歯の固定
部分的加重負担にならない様な安定した噛み合わせを確立する。

4) 歯周ポケットを出来るだけ減少させ、できれば歯根面への歯肉の再付着をはかる。

歯周外科
歯周組織再生療法
 エムドゲイン法
 GTR法

5) メンテナンスで口腔環境を改善し維持する

プラークコントロール
PTC
PMTC
ガム(歯肉)マッサージ
3DS(デンタル ドラッグ デリバリー システム)

6) プラセンタの力を借りて歯周組織を健康にする。

プラセンタ療法

※ 歯周組織再生療法、PMTC、ガムマッサージ、3DS、プラセンタ療法は保険外診療です。


↑ 目次へ

↑ ページTOPへ

Copyright(C)2005 きたじま歯科医院 All rights reserved.
きたじま歯科医院