サイトマップお問い合わせHOME
当医院について
診療のご案内
院内風景
痛くない麻酔・無痛麻酔
アンチエイジング(お口の健康のために)
虫歯について知ろう!
ドックスベストセメント
院長ワールド(鉄道模型とドールハウス)
きたじま歯科医院
086-944-8099
拡大図

アクセスマップ

JR赤穂線西大寺駅から
徒歩5分
西大寺バスターミナルより
徒歩5分

診療のご案内

W) クリーニング(歯炎及び虫歯予防)

当院は、PTCとPMTCをおりまぜてケアしていくことが、ベストだと考えています。

PTCPTC(虫歯予防,歯周病,アンチエイジング)
定期的に来院していただき、ブラッシング指導を中心に、歯面清掃機で歯のバイオフィルムを除去し、歯石除去等を実施。

PMTCPMTC(虫歯予防,歯周病予防,アンチエイジング)
PTCに加え、PMTC専用の清掃器具にて、特に歯周ポケット内のバイオフィルムを除去、ステイン除去、歯面研磨を実施。
また、必要に応じて口腔内リスク判定も行ないます。

【目次】

私たちの歯にひそむバイ菌

定期的なPMCやPTCの必要性

きたじま歯科のプラークコントロール

<私たちの歯にひそむバイ菌>

私たちの口腔内は呼吸、栄養補給(食事)で使われている以上無菌にはなり得ません。常に細菌が出入りし、そこには、常在菌叢(フローラ)が形成され、相性の良い菌群、免疫系から排除された細菌が群れをなして存在し、通常のデンタルプラーク(歯垢)内に存在しています。

このフローラのバランスが我々の健康の維持には欠かせません。このバランスが、外的、内的要素によってくずれると、これが口腔疾患の主な原因となることが多いです。
歯科疾患を予防、リスクファクター(危険因子)の改善には、積極的なプラークコントロールが欠かせません。

プラークコントロールとは、フローラのコントロールであり、古いバイオフィルムの質的悪化及びそれに付着している悪玉菌叢を排除し、新しいバイオフィルムと善玉菌叢の維持を目的とします。

■バイオフィルム(生物膜)
バスタブの水を落とさずにいるとバスタブの内壁面がヌル!!とした感触になった記憶があると思いますが、その粘着性がバイオフィルムです。このバイオフィルムに細菌が付き長く存在することで徐々に疾患を引き起こし、また悪玉菌の増殖に関与します。

↑ 目次へ

<定期的なPTCやPMTCの必要性>

PTC及びPMTCは、上記のプラークコントロールを行いセルフケア(通常のブラッシング)で対処できるところまで戻すことがねらいです。

PMTCにてバイオフィルムがとりのぞかれピカピカに磨かれた後、歯の表面は再び唾液中にある有機物が付着しペリクル(薄膜)を形成します。そのペリクルに細菌が吸着しコロニーをつくります(初期のコロニーは常在菌群が付着)。初期の細菌群はペリクルを栄養源として増幅すると考えられています。

これらは、いわゆる善玉菌で、セルフケアなどでここまでを維持できれば問題ないのですが、現実はなかなか難しいです。コロニーが増殖していくと、その代謝産物を利用する細菌が新たに付着、増殖していき、粘着性多糖体を合成します。これが、バイオフィルムであり洗口剤や歯磨剤から細菌を保護しています。

ここまで来ると再度PMTCが必要となってきます。通常の期間は、3ヶ月ぐらいですが、外的要因(たばこ、食事など生活環境)、内的要因(糖尿病など全身的既往)によりもっと短くなる場合もあります。

PTC、PMTCは、セルフケアの不具合によって生じた、あるいは病原性の増殖したバイオフィルムを短期間に抑制することにあります。

↑ 目次へ

<きたじま歯科のプラークコントロール>

当院が考えるPTCは、保険適用内で歯石除去、保険適用で定められている一連のブラッシング指導、歯面のバイオフイルム除去、ステイン除去があげられます。

PMTCは、保険適用外で専用の機械を使用し、より細かな(歯面及ポケット内)バイオフィルム、ステイン除去、専用のペーストによる歯面の滑沢化、歯周ポケット内消毒、フッ素塗布があげられます。唾液の緩衝能、唾液のPH検査も必要に応じておこないます。

当院は、PTCとPMTCをおりまぜてケアしていくことが、ベストだと考えています。


↑ 目次へ

↑ ページTOPへ

Copyright(C)2005 きたじま歯科医院 All rights reserved.
きたじま歯科医院